読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

個人的なメモで使っています

疲れた

色々疲れている なんだかなぁ

浅おかはみ子

直虎への読みが色々浅いと反省。そりゃあ制作陣も色々考えてますよね。 直虎は「敢えて」脇が甘く描かれていると思ったが、ではその意図は何ぞね・・。まぁ最初っから完璧主人公じゃとっつきにくいが。小野が煮え湯を飲まされているのが不憫、ここからどう行…

ダメだこりゃ

直虎がちょっとヒドい気がする。いや、江もいま三つくらいだったし外野がぎゃーぎゃー言うことではないと思うのだが、あえて、脚本女・音楽女・主役女で銘打ち、しかもみんなのNHKでやっているんだから、せめて女の描き方だけは外さないで欲しかった。男の論…

ぱんだ

みんなのNHKでパンダの繁殖ノンフィクションをやっていた。パンダは特段好きでも嫌いでもなかったが、人間味あふれる仕草やモフモフ感が人気なんだろうとよくわかった。 脳が中二レベルなので、パンダのおセックスシーンにやたら食いついてしまった。ふだん…

※ネタバレ有り※「お嬢さん」良かった

タイトルまんまだが、映画「お嬢さん」を直感で見たいと思い、いそいそ行ってきた。 第一部の衝撃ラスト直後は、思ってたのと違った!と一瞬見る気を無くすも、監督の術中にまんまと嵌められたと気付いた第二部後半以降は一転しかぶりつきで見るほど良かった…

オクニョおもろい

「直虎」のあと、新しくBSプレミアムで始まった「オクニョ」を見る。 直虎は、NHK御用達ムロツヨシの伏線が回収されていた。ムロツヨシ、完全場違いな演技だけど浮いた感じもなく、ちょっと食傷だよ~と思いながらもついつい見てしまう。成金感がキャラ設定…

男女の標識

オーストラリアのメルボルンで、国際女性デーに合わせスカート姿の信号機を作ったところ、批判が殺到したというニュースを見た。心意気は認めるが、まぁそりゃ批判されるわいなと思う。何でわざわざ性差アピールの必要がない信号機でぶちあげたんだろうか。…

股の内の本

サル目ヒト科社畜族に属するごく普通のサラリーウーマンなので、日記に書くネタに困る。社内に渦巻く皆様の思惑あれこれを除くと、「腹減った」「眠い」くらいしか日々の感想がない。今日も元気に窓際族代表の私は暇を見つけてはネットサーフィンにいそしん…

みだら君とわいせつさん

刑法が改正され、強姦罪の名称が強制性交等罪に変更されるというニュースを見た。何とも歯に物がはさまったような罪名である。正しすぎる表現は時としてわかりにくい気がする、強姦等罪ではいけなかったのだろうか。何れにせよ、性犯罪の厳罰化は大変喜ばし…

Amazonにて食器カゴを購入。コンパクト且つ排水パイプがついている点が気に入り、ウキウキしながら皿洗いをしていた。構造としては、下のプレートにたまった水が、パイプから流れ出す仕組みであり、大変衛生的で素晴らしい。思いついた人に1000円札のおひね…

年の差ラブ

私はAmazonにとって割とカモ客であるように思う。先日も、某漫画の一部タダ読みという餌につられ、結局全巻大人買いしている始末である。Amazon係数が突出して高い。人手不足に悩む配送業者のニュースを見て後ろ暗い気持ちになり、なるべくまとめ買いをしよ…

歯医者行かなきゃ

・雑草たちよ大志を抱け 大好きな池辺葵先生の新刊。深読みが苦手な私は、なるほど池辺先生はずっと一貫してタイトルとなったこのメッセージを漫画で投げかけていたのかな、と初めて思った。 プリンセスメゾンも縫い立つ人も、主人公が大人で仕事をしている…

落ちた

負の連鎖にハマっているいかんいかん。 今日は会社に渦巻く毒にやられた。人は良い所も悪い所もある。話がひたすら長いある人は仕事に対し誠実である。プライドが高く愛想のない人だが思いやりもあるし親切に教えてくれたりする。面白味がなくても真面目だ。…

bad feminist

だっけ?みたいな本を買ったら間違えて原書買っちゃった…意味不明。とりあえず、フェミニズムは色々偉業も達成したけどまだ欠点あるから軽い感じで指摘していくで!でもそれは個人のフェミニストが悪いんとちゃうで、人間誰しも完璧なんて無理やん?みたいな…

お笑い

最近女性芸人の動画をちょいちょい見るようになった。 個人的に、ゆりやんレトリバァがすっごく気になる存在。すごいしたたかで打たれ強いよね、って尊敬してて、ぶれない感じが好きである。 以下超偏見込みなので間違ってたらジャンピング土下座。 このお方…

アンチ結婚式

結婚式にしれっと疎遠気味の友人を誘う人々について。 誘ってくれた好意はありがたい、と思うしこんな末端の人間を呼んでくれてどうも、という気分もあるよ!あるけどさぁ!何も考えず軽い気持ちで結婚式を開く人々とは宗教が違うのでどうかご放念くださいと…

なかなか

時間がないという言い訳でメモができていない。世の中の人はすごいな、仕事もしてブログなんかもやって。 小指の甘皮程度の雑用をしながら、小沢真理先生タイム。世の中の評判的には、世界でいちばん優しい音楽>銀のスプーン>その他 のようで、世界で~を…

銀のスプーン(1) (Kissコミックス) 作者: 小沢真理 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/02/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 素晴らしいの一言に尽きました。軽快なタッチに見えて綿密に計算されているというか、非現実的なのに…

女性誌アウェー

極度に人見知りをする私のような人間にとって、女性ファッション誌は美容院にて美容師との会話を防ぐ便利な道具としてお世話になることがあるものの、同時に私は美容に殆ど関心がないため、日常殆ど接することがない代物である。 先日、流石に毎回前髪カット…

改めて

何で「おとなりコンプレックス」がこんなに好きなのか考えてみる(くっそどうでもいいよ!) ・ショタ感を残したつり目の生意気そうな男の子が何よりも好き(記憶をたどると、少年漫画でもアイシールド21のリク君とかハンター×ハンターのキルアとかBLEACHの…

激しい萌え

おとなりコンプレックス (1) (クロフネコミックス) 作者: 野々村朔 出版社/メーカー: リブレ 発売日: 2016/07/23 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る うぉぉぉぉぉ萌えたぁぁぁぁぁ!最高!! 最近はpixivとかネットメディアがとても発達…

恋愛漫画のジレンマ

ホタルノヒカリSPにハマって全巻買って一気読みしたのだけれど、途中から、あれこれなんか違う感がじわじわ来て……やはり妙齢女子向け恋愛漫画と打ち解けるのは難しいという結論に打ちひしがれている……。 Amazonのレビューに「そうそうそこだよ!」と痛く共感…

まさかの穴

ホタルノヒカリ SP(1) (Kissコミックス) 作者: ひうらさとる 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/10/10 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る 好きなジャンルと全然ちがう漫画に思わずハマってしまった。食わず嫌いよくない。 …

ブスに花束を。

ブスに花束を。 (1) (角川コミックス・エース) 作者: 作楽ロク 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/11/04 メディア: コミック この商品を含むブログを見る これも何度も読んで癒されてる漫画。 主人公の花ちゃん、いわゆる「ブス漫画」(って何だよ・・…

町田くんの世界

町田くんの世界 3 (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者: 安藤ゆき 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/06/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「町田くんの世界」の3巻巻末短編「愛、ある生活」。 つい動物を拾ってしまう地味めな主人…