読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

個人的なメモで使っています

まさかの穴

 

 好きなジャンルと全然ちがう漫画に思わずハマってしまった。食わず嫌いよくない。

正直、男女の恋愛の駆け引きにはあまり食指が動かないので(何で男の気持ち考えて悶々とせにゃならんのと思う…)、無印のホタルノヒカリは挫折してしまったのだけれど(主人公の蛍にもあまり好感が持てず…)、SPは主人公の光ちゃんが良い子で可愛い&恋愛漫画の王道?からズレた感じが心地よくて…いやーすごい面白い!

光ちゃん、所謂ジャ〇オタ(ヒャニオタ)で29歳にして恋愛経験皆無、オタ活動を心底楽しんでいる女性なのだが、ひょんなことから取引相手の男の人と仮の恋人として付き合うことになる。この光ちゃん、間違っても恋愛して脱オタ…なんて展開にはならず、恋愛よりオタ活優先、寝ても覚めてもやっぱりオタなのである。

ここ!さりげないけどものっすごく重要な所だと思う。

わたしがどーしても受け入れられないのが(おまえの趣味なんて心底どうでもいいよ…)、恋愛しだすと女が彼氏受けを考えて自分を曲げたり、彼氏の気持ちが別の女にあるんじゃ…?みたいな不毛な考えに時間を費やす所なのだが(じゃあ恋愛漫画読むなって話である)。

この光ちゃん、彼氏にときめきつつやっぱり趣味優先だし(=自分を曲げない)、恋愛絡みのいざこざで若干悶々としても無限ループにハマることもなく、自分のオタ活に置き換えて思考を整理するなんていう客観性もきちんと備えているので、見ててイラッとしない。しかも、仕事ができるし真面目だし、他のオタのことを考えて情報を流してあげちゃう優しさも持ち合わせている。

もう、こんな子いたら、光…抱いてッ!って気分になるわ。しかもそれが処女なんて、処女厨じゃなくてもときめくわい。そりゃ大和氏(仮の彼氏)も本気モードになるよ。

恋愛漫画において、主人公の人間性ってもう三度の飯より重要なんだと認識しました。よしながふみ先生が、ハチクロに対して、「登場人物が、恋愛で悩んでも仕事はきちんとするって所が日本人の共感を掴んだ」(うろ覚え)みたいな話を対談集でされていたけれど、それを凄く理解した。一面を切り取ればそれは、客観性って大事だよねってことではないだろーか。恋愛モードになるとどうしても客観性が欠落しがちだけれど、仕事とか相手とかに思いやりを持てるような人は、やっぱり全力で応援したくなるよね。

もう何でもいい、光が幸せになれば俺はそれで。