備忘録

個人的なメモで使っています

なかなか

時間がないという言い訳でメモができていない。世の中の人はすごいな、仕事もしてブログなんかもやって。

小指の甘皮程度の雑用をしながら、小沢真理先生タイム。世の中の評判的には、世界でいちばん優しい音楽>銀のスプーン>その他 のようで、世界で~をめちゃくちゃ楽しみにしていたのだが、個人的な嗜好に合わなかった。私的にはこうだな。

1.苺田さんの話

2.銀のスプーン

3.ニコニコ日記

4.世界でいちばん優しい音楽

4は、挫折してしまって通読できていないのですが。何がダメかって、妙齢の男女愛が直球で描かれている点なんだろう。小沢先生は、いわゆる世間一般の家族から外れてしまった人たちの愛の形を描くのがとても上手で、ここでいう愛は男女間にとどまらず、男同士の友情とか、血がつながっていないのに一緒に暮らしている人とか、とても幅がひろい。そういう、懐が深くて暖かい愛の形に、銀のスプーンで惹かれたのだが、4は、何だかんだ言ってまだ一般的な家族の延長にとどまってしまっているので、読めなかった。恋愛する気も子供産む気もない独身女にとって、ものすごく遠い世界の話なのだ。だって、「世界でいちばん優しい音楽」ってのが男女間のセックスで、その優しい音楽(=愛の営み)から生まれた我が子と母親の物語なんだもん。言いたいことは痛いほどわかるし、話の内容は素敵なんだと思うんだけれども!やっぱり疎外感ひしひしでだんだん読めなくなってしまった。

その点、3は良い。これもある種の親子+恋愛ものなのだが、主人公のケイちゃんは独身だし、子供っつっても知り合いの子供の面倒見てるだけだし、しかもこのケイちゃん、子供か恋愛かどっちを取るの!?って言われたら迷って子供(血が繋がってないあかの他人だぜ)に行くという、すんごーく愛情深い人間で、ニコじゃなくてもケイちゃん大好きとハグしたくなるのである。またニコも健気でかわいい。4ののんのんは割と我儘で現実の子供っぽい~という感じなのだが、ニコはいったい何食ってんだというほど性格ができているのだ。全力で応援したくなるし、疎外感も覚えない。

そして。もうツボったのが1でした。タイトル見て、ちょっとどうなんだろうね?と最初思ったが(すみません)ところがどっこい、名作でした。何でこれもっとメジャーにならないの!!?と思う。

とにかく苺田さん(リナちゃん人形に「憑依」してる宇宙人)のキャラが可愛すぎる。見た目が現実でいうリカちゃん人形なのに、中身はおじさんで関西弁も下ネタもばんばん入るし、しかも宇宙人だから、衣温との間に恋愛関係はぜったいに生まれない。これが重要なのだ。二回言うよ。これ本当に重要!!!

ただの嗜好ですが、この、男女の「やおい」が三度の飯より好きなんですよね。BLだと、女が疎外されてるじゃん、って思ってしまう一方、恋愛漫画になると、どうしてもそこに上下関係というか、男女の立ち位置が完全に平等ってことが難しいわけで。恋愛してもいいんだけど、惚れた腫れたの脆い恋愛じゃなくて、強固な人間関係があったうえでの恋愛が読みたいのである(だから恋愛なくても全然OK)。そ・れ・が!この苺田さんと衣温の間にはきちーんと成立しているのである。小沢先生作品ならではの登場人物がみんな愛おしい節は健在だし。しかもネーミングセンスも抜群にいいし。(小沢先生ってきっと流行に敏感というか、傍観者的な立場でへー今こういうのが流行ってるのねって感じ取っている方なんではなかろうか。。無理なく、その当時の流行りっていうのが漫画に織り込まれている気がするんだなー。)

まぁ、とにかく苺田さんが可愛いからもっと広まればいい。完結してるし。衣温もティラノ先輩もいいし、あとヨンが!ヨンがいい!!斜に構えてるくせにめっちゃいーやつ。

 

話が180度変わるけれど、カスピ海ヨーグルトを作ろうとしたら冬は菌が元気じゃないとかでぜんぜん固まらず、寒いの苦手なんて・・と菌に親近感感じた。湯たんぽ作ってカスピちゃん用の寝床作ってあげたら数時間で固まったし。愛い奴・・!