備忘録

個人的なメモで使っています

みだら君とわいせつさん

刑法が改正され、強姦罪の名称が強制性交等罪に変更されるというニュースを見た。何とも歯に物がはさまったような罪名である。正しすぎる表現は時としてわかりにくい気がする、強姦等罪ではいけなかったのだろうか。何れにせよ、性犯罪の厳罰化は大変喜ばしいと思う。法改正に携わった方々に、おさるのジョージばりのモーションで拍手を送りたい。

おカタめのナニはさておき、今さらながら「みだら」と「わいせつ」の違いについてお勉強をした。お恥ずかしながら、ニュース業界における隠語の類で、AがキスでBがペッティング的な同一線上に位置する親族用語かと思っていたら、規定されている法令がそもそも違うらしい。わいせつな行為は強姦罪とまた別の刑法らしく、ヤらなかったもののハァハァして何らかの行為に及んだ結果しょっぴかれるもよう。一方みだらは、青少年保護を目的とする法律に属するので、青少年とおセックスしちゃった場合にお縄になるのだとか。青少年の同意があってもそこに愛がないとアウトのようだが、金は愛よりよっぽど誠実と力説したくなるのは私が汚れた大人だからだろう。

我が身を省みたときに、さすがに青少年をいてこますほど鬼畜ではないのでみだらや淫行といった用語のお世話になることはなさそうだと良く分からない安心の仕方を覚えた。