備忘録

個人的なメモで使っています

男女の標識

オーストラリアのメルボルンで、国際女性デーに合わせスカート姿の信号機を作ったところ、批判が殺到したというニュースを見た。心意気は認めるが、まぁそりゃ批判されるわいなと思う。何でわざわざ性差アピールの必要がない信号機でぶちあげたんだろうか。発案者の誰も赤信号を出さなかったのがすごい。

ところで、私はちょうど今日、トイレの男女マークの代替案はないものかとぼんやり考えていた。何かの啓示かもしれない(トイレの神様辺り)。半分寝ながら考えてみたが、男女の区別を表す記号はなかなか難しいものだ。

確かに、日本のトイレ標識は、女性=赤い色・スカートという、ちょっと頭の古いおっちゃんが、ネエちゃん赤色とスカート好きやろ!みたいなノリで考えたような記号である。いっぽう、代替案にふさわしいマークがぽっと思いつくかというとなかなか難題だ。物理的な男女差を取ってち〇ことま〇こにしたら今度はセクハラ扱いされるだろうし。海外ではユニークな標識もあるようだが、基本的に男女の記号の極致で表現するしかないので(女は口紅や長いまつげ、男はひげ、など)、どれもピンとこない。だからといって、ユニセックスの便所はそれこそ心底願い下げである。何でも男女席を同じくしていいってもんじゃあない。ランドセルは男女でどんな色を使おうが特段不都合はないが、何を好んで小汚いおっちゃんらと一緒のトイレを使わにゃならんのかという気分になる(あと、トイレでハメる不埒な輩もますます増えそうだ)。LGBT対応という風潮もありかとは思うのだが、最低限、トイレは少なくとも2区分は設けて欲しいものだ。

話はそれたが(そもそも本筋があったのかと疑問だが)。女性的な記号にいちゃもんをつけたくなる気持ちは痛いほどわかるが、代替案を考えあぐねてしまうのもまた現実である。誰かウルトラCの解決策を提示してくれないだろうか。